teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)16/09/18(日)21:29
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ブラス思考

 投稿者:旧三年六組  投稿日:2018年 1月22日(月)00時40分23秒 softbank221087022164.bbtec.net
返信・引用 編集済
  以下作家五木寛之氏の言葉ですが

「本当のブラス思考とは
絶望の底の底で光を見た人間の全身の驚きである
マイナス思考の極限まで降りて行くしか光は見えない」と

安易に自己肯定ブラス思考が語られる時代ですが
本当はその通りだろうと思います

さすがに大作家の言葉は深く重たい
 
 

弱さの天才

 投稿者:旧三年六組  投稿日:2018年 1月20日(土)01時32分1秒 softbank221087022164.bbtec.net
返信・引用 編集済
  何事であれ現場に立つことは新たな感興に誘われるものかも知れないが
太宰治の墓を訪ねて「太宰は弱さの天才」だったかも知れないとの思いに誘われました

人は皆弱き存在だとしても
弱さへのフランングに誘惑されつつも踏みとどまるものかも知れないが
太宰は弱さに身を投げてしまった

漱石の「こころ」と太宰の「人間失格」が
七百万部か八百万部とかで戦後小説発行部数で首位争いをしているそうではあるが
漱石も鴎外も言わばエリートの矜持を貫いたが

太宰は彼等よりも出自からエリートではあったが
太宰は惜しげもなくエリートの座から転がり落ちた
若者達が人生の局面で呻吟して太宰に救済を求めた時に

太宰の文学は少なくとも「死ぬな」と抱き止めてくれるに違いない

追記
今夜は某新年会でしたが明日は久しぶりに博多の新年会に参加します

追記2
エリートとか建築家とか何とか先生は嫌悪を感じる言葉ですが
それが「ノブレスオブリージュ」であるならば話しは別ですが
同期の集まりの良いところは全員が「フラット」であることですね
 

三鷹の太宰治

 投稿者:旧三年六組  投稿日:2018年 1月16日(火)00時43分3秒 softbank221087022164.bbtec.net
返信・引用 編集済
  東京での用件の合間に一度は行きたかった
三鷹の禅林寺の太宰治と森鴎外のお墓を訪ねました
通路を挟んで斜めに向かい合っています

大晦日の故か人影は有りませんでしたが
どなたか参られたか線香の束が煙っていました

太宰治が昭和14年から住んだ頃は北多摩郡三鷹村で
未だ武蔵野の面影が濃厚だったのでせうが
その武蔵野に憧れがあったのですが
今や普通の郊外の街並みでせうか

戦時中の三鷹時代の太宰治は
女子師範学校出の賢夫人に支えられて
「走れメロス」とか希望の灯火を書き連ねましたが
戦後は何故あのように転げ堕ちたのだろうか

青春時代以来
久しぶりに「人間失格」を読み直しましたが
読み通すこと自体が苦行と感じたものでしたが

それでも
6月19日の「桜桃忌」の賑わいは如何ばかりかと
分った気もしたものです
 

・・・てん女を

 投稿者:dough鳩星  投稿日:2018年 1月15日(月)08時06分18秒 softbank126091063010.bbtec.net
返信・引用 編集済
   昨日・・・・飛留間・・・・・・・
 可愛らしい・・・・・手んにょが・

 目の舞えに・・・・・
  箱崎の(一楽)と云う・食堂・・

 満員・・・大人に混じって・・・・
  働く・・・子ども・・・・
   観ていると・・・・・・・

  客の・・あしらい?から・・・
   注文取り・・・・・華いがいしく

 多のんだ、料理の、待たされるのも・・
   我すれ・・・・・眺めてた・・・・

 天賦の才だ・・・この児は・・・・
 さい娯の・・輝話めつ喜は・・・・
  レジを・・・麗せいに・・・・・
        多多いて多・・・・

 ほのぼのと・・・店をで多
   近い内・・・ま多、行こう

  御年・・・・・8歳と・・・
 

・・・四季

 投稿者:如何Q生  投稿日:2018年 1月13日(土)09時50分25秒 softbank126091063010.bbtec.net
返信・引用
   の・・移ろい・・・・・

 割れは・・・・・・・・

 霧華詩・・・冬が、すき・・・・
   何をしなくても・・・・・・
    身が、ひ喜しまる様で・・

 途気を・・・経て・・・・・
  居間は・・好まぬ・・・・

  體に・・・智が周らない・

  春、秋・・・は爺苦、恋い
   夏でも・・娯背負う耐・
 

・・・杜径は

 投稿者:如何Q生  投稿日:2018年 1月12日(金)07時46分56秒 softbank126091063010.bbtec.net
返信・引用
   と間らない・・・・・・・
   妄、12日・・・・・

 喜のう間で・・・SHOW月ダッ多のに

 寒い・・・と、云って居る内・・・
   咲来が・・・・!(^^)!魅せ・・

   散ってゆ苦・・・・・・・
   と間れ・・・・・秒針・・

   チクタク・・・煩、ボン・
 

・・・我棲れてまし多

 投稿者:同級生  投稿日:2018年 1月 9日(火)17時52分50秒 softbank126091063010.bbtec.net
返信・引用 編集済
   先輩の・・・・・・・
    1月号(年賀状)・・・
 

・・・爺ー流ぞ~

 投稿者:doughQ棲  投稿日:2018年 1月 9日(火)07時50分43秒 softbank126091063010.bbtec.net
返信・引用
   オワッ多・・・・・・・
     招我つが・・・ホンとに?

 もう、九日・・・・・苦日・・・・
      口日・・・・・・だから

 叫から・・・・ヤルゾ~・・・・・
 

・・・奔志つは

 投稿者:努う求生  投稿日:2018年 1月 7日(日)09時39分37秒 softbank126091063010.bbtec.net
返信・引用 編集済
   まくの内・・・・・・間だ・・・・・
  多だ酔う内・・・・想い古私、あゲ

  おさん歩・・・・・へ・・・・

  何処に・・・・・・問う然・・・
    育つし・・・・恩賀川の・・・

  土手を・・・はしりに・・・・・・
     往って・・・・喜ます・・・

  だれ華に・・・・・逢え名いかナ~






 

東京の空

 投稿者:旧三年六組  投稿日:2018年 1月 6日(土)22時41分53秒 softbank221087022164.bbtec.net
返信・引用 編集済
  元旦の朝は京王プラザの窓から東京の空を眺めていました
今年は明治維新から150年目で
江戸開府からは415年目でもあります

午後からは議事堂正門前をスタートして
左手に井伊家旧上屋敷跡を眺めつつ坂を下り
桜田門を通って東京駅まで歩きました

警視庁前の「桜田門外の変」の現場は旧江戸城内堀の周回道路の一部ですが
さすがにそのポイントが歴史の方向を変えたと思えば
感慨はひとかたならぬものがありました

歴史ウォーキングには
東京時代の友人が随伴してくれました
ワインの栓の開け方も知らなかった男に都会というものを教えてくれた
その彼とは会社の寮で半年間一緒でしたが40年を超える長い交流になった

我が内なる東京は昭和の東京ですが
平成の東京は建築が巨大化して拒絶的に屹立していますが
その向こうには旧江戸の街並みが見える気もします

今年も作文練習よろしくお願いします
 

レンタル掲示板
/59