BOBkansai掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


19件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[22] Re: 嵯峨根八郎さんのベトナム乗り鉄紀行

投稿者: 中川 幹太 投稿日:2017年 6月22日(木)19時22分21秒 p734001-ipngn200508kyoto.kyoto.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

> 先日地元紙コラム欄に掲載されました
>
> 掲載記事の原文
> 面白い異文化の国の鉄道事情
>
>                                       万願寺 嵯峨根 八郎
>
> 平成28年3月11日から17日までの1週間、異文化のベトナムの魅力を「鉄道の旅」で実感するべく、乗鉄好きの仲間4人が集まった。
>
> 海外乗り鉄の醍醐味とは日本では見られない雄大な車窓からの景色や旅情が味わえたり、日本とは違う車両のデザインや車内レイアウトの新鮮さ、それぞれの国、地方の人たちや乗務員とのふれあい、格安料金で最高クラスに乗車できる、日本ではありえない柔軟な対応、いくつかの国を通過する国際列車、日本では絶滅した機関車が現役、とんでもない田舎や山岳地帯を走る路線、最近では日本から廃車譲渡された車両が海外で第二の人生を歩み始め、現地の気候や文化に合わせた姿になって活躍している事など実際に乗り鉄や撮り鉄するネタは尽きない。極めるには行動力と語学力が必要となることもある。
>
> 今回の再訪は異文化の国ベトナムの魅力を「鉄道の旅」で実感することである。人口600万人の首都ハノイから南部の800万人のホーチミンまで国土の南北を背骨のように1800Kmで結ぶ「ベトナム鉄道寝台列車の旅」は北部のハノイから南へ900Km、15時間の鉄道の旅に発つ。
>
> その唯一南北縦貫の大動脈でもある幹線も単線、非電化で1日に数本が走るだけだ。南北分断・インフラ整備の遅れと海運の発達が今も鉄道を使う文化を持ち合わせていない。また鉄道の情報を集めようとしても見つけにくい。ハノイから中部フエまでの最上級の1等寝台料金は現地通貨で800000ドン日本円では約4000円と破格だ。出発地ハノイ駅は線路面と同じ高さの低いホームに旅客用3線と貨物の留置線があり有蓋車を連ねた貨物列車が待機している。構内には架線柱や信号柱などの立ち物がなく信号機などの標識も線路際にあり構内はすっきり観がある。また人が駅構内を歩いたりすることにもおとがめなしだ。各駅のポイントの転換(転轍器)は信号詰所で職員が手動で行っている。日本の50年以上前に見かけた光景だ。
>
> 東欧製のパワーの低い500馬力デーゼル機関車に14両の客車が牽かれ入線する。地平ホームから客車に乗り込むには各客車デッキの数段の仮設階段を車掌のエスコートを受けて乗り込む。この国では日本製の車両は全く見かけない。改札口は列車が全席座席指定のためか混雑さはない。遅れが常態化していると聞いていたが意外にも定時運行の19時30分定刻発車。気温も20度を下り黄昏の都市部は住宅や商店の軒先が迫るギリギリのところをゆっくり走る。
>
>  寝台は1等寝台のソフトクラスを選び、4人ボックスの向かい合わせ2段ベッド。上段に上がるには梯子もなく腰の高さの足掛けに片足をかけて上がる。下段には広いテーブルが窓際に固定されている。3人旅だったため上段一人分は現地の若い男性が乗り、途中の駅で下車の後はすぐ交代に若い女性が乗ってきた。一つの席を無駄なく使っている。言葉が通じないがホーチミンまで15時間かけて行くそうだ。スマホに興じていた。
>
> 1本の線路の長さが日本の半分のため継ぎ目音が小刻みなリズムをつくる。線路幅も1000mmとこれも少し狭い。工期を早くするための策らしい。長距離列車には必要な食堂車は最後部に繋がれ、車内販売も頻繁にやってくる。朝、食堂車で国民食「フォー」を注文。客に混じって、食堂車の乗務員が休憩なのか食事やビールまで飲んでいる。日本を離れると、日常ではあり得ない面白い光景が沢山見られる。
>
> 翌朝9時にフエに到着。乗降客は西欧人が非常に多い。フエ駅駅舎のホーム側は数十の食品・日用品・土産などの雑貨店がなど縁日のように並び、停車中に飲食や買い物をする。駅舎の間取りは細かく仕切られた事務所が並び、幅1間ほどの中央出口の網シャッターを潜り抜けると駅前広場に出る。
>
> ここで1泊観光し、翌日の9時55分に、さらに80Km南下。標高500mの景勝地ハイバン峠越えをしてダナンに向かう。この駅からは1等座席のソフトシートを選び、欧米人が多い車内は高速バスのようなシートも窮屈そう。車内中央の天井から吊り下げられたテレビの音が異様に耳障りだ。半径200mのS字カーブが20Kmも続き勾配も10‰以下で、東シナ海を眺めながらゆっくりと走る3時間の峠越えは、まるで秋田県の五能線のような風景でもある。窓越しに振り返ると客車は15両連結され1等座席車3両、2等寝台車4両、1等寝台車4両、食堂車・電源車など。「はえたたき」と言われた碍子付の電柱の通信ケーブルが線路に並行する。踏切警手ならぬトンネル見張り番は寝泊りしてトンネル内の人の往来の安全を守っている。日本でも20年代踏切番がある光景はあたりまえだった。
>
> 正午に中部ダナンの駅に着く。行き止まりになっており折り返しのため進行方向が逆になるため機関車の付け替えや水の補給などあわただしい。
>
> 縦断の旅は、まだ半分を残すが今回は世界遺産のホイアンを観て空路で南部ホーチミンへ。ここでは日本のODAで地下鉄工事が進んでいる。次回は中韓を排除して完成した日本製車両に乗れることを期待してまた訪れたい。
>
>
>  




[21] 京滋ハイキング(京街道)

投稿者: 山口勝雄 投稿日:2017年 6月21日(水)16時24分2秒 112-68-13-226f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

6月18日(日)に京街道③を実施しました。
参加人数は14名でした。
お天気は出発時は「曇り」でしたので、ウォーキングにはよいお天気でしたが、後半は「晴れ」で暑くなり
本日の目標の「枚方宿」へは到達出来ませんでした。「京阪樟葉駅」到着で、この日のウォーキングは終了として、次回(7月9日)は「京阪樟葉駅」改札前10時00分集合から始めることにしました。
以前の「びわ湖一周ウォーキング」(ビワイチ)を歩いた頃は平均で1日15kmを歩きましたが、いまや7km~10kmです。残念ですが、これが現状です(苦笑!)
従って、京滋ハイキング(京街道)に参加される場合は必ず前日までに集合場所と時間の確認をお願いします。

http://www.jtb.co.jp/lookjtb/special/ima/issue/06/



[20] Re: ラッキー77777Get !!

投稿者: 巳波一禧 投稿日:2017年 6月 9日(金)13時04分27秒 pon245-251.kcn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.19[元記事へ]

> > 久しぶりのキリ番Getしました~!一昨日から狙っていましたが・・・今日15時頃に・・
> > JTBOB会のHP益々の発展をお祈りします~~!
>
> 巳波さん ラッキーナンバー「77777」のゲット! おめでとうございます。
>

山口さん・・・ありがとうございます~!これからラッキー7で行きたいですね~! (^^)



[19] Re: ラッキー77777Get !!

投稿者: 山口勝雄 投稿日:2017年 6月 8日(木)09時50分54秒 112-68-13-226f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.18[元記事へ]

> 久しぶりのキリ番Getしました~!一昨日から狙っていましたが・・・今日15時頃に・・
> JTBOB会のHP益々の発展をお祈りします~~!

巳波さん ラッキーナンバー「77777」のゲット! おめでとうございます。

http://www.jtb.co.jp/lookjtb/special/ima/issue/06/



[18] ラッキー77777Get !!

投稿者: 巳波一禧 投稿日:2017年 6月 6日(火)21時47分20秒 pon245-251.kcn.ne.jp  通報   返信・引用

久しぶりのキリ番Getしました~!一昨日から狙っていましたが・・・今日15時頃に・・
JTBOB会のHP益々の発展をお祈りします~~!



[17] 三ノ宮・西宮サロン

投稿者: 難波啓佑 投稿日:2017年 6月 4日(日)09時46分38秒 180-147-189-6f1.hyg1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用


6月1日三ノ宮・西宮サロンが「千人代官」で開催されました。
参加12名でお喋りを楽しみました。
なお7月より三ノ宮・西宮サロンの開催時間が変更になります。

  開 催  日 毎月第一木曜日(変更になる場合もあります)
  開催時間 午後1時から午後2時まで(1時間)
  開催場所 千人代官(三ノ宮 日本生命ビル地下1階)
       食事も出来ますが終了は午後2時になります。



[16] ドローンと共に世界一周400日

投稿者: 山口勝雄 投稿日:2017年 4月 2日(日)16時40分15秒 112-68-13-226f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

私の知人(京都YMCAのスイミングのインストラクター)夫妻が「ドローンと共に世界一周400日のハネムーン」されましたが、この度 ルックJTBとコラボされて「エキスパートの旅じたく」に掲載されましたので紹介いたします。
下記のURLをクリックして、ご一読下さい。

http://www.jtb.co.jp/lookjtb/special/ima/issue/06/



[13] 嵯峨根八郎さんのベトナム乗り鉄紀行

投稿者: 山口勝雄 投稿日:2017年 2月 3日(金)18時55分37秒 112-68-8-137f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

先日地元紙コラム欄に掲載されました

掲載記事の原文
面白い異文化の国の鉄道事情

                                      万願寺 嵯峨根 八郎

平成28年3月11日から17日までの1週間、異文化のベトナムの魅力を「鉄道の旅」で実感するべく、乗鉄好きの仲間4人が集まった。

海外乗り鉄の醍醐味とは日本では見られない雄大な車窓からの景色や旅情が味わえたり、日本とは違う車両のデザインや車内レイアウトの新鮮さ、それぞれの国、地方の人たちや乗務員とのふれあい、格安料金で最高クラスに乗車できる、日本ではありえない柔軟な対応、いくつかの国を通過する国際列車、日本では絶滅した機関車が現役、とんでもない田舎や山岳地帯を走る路線、最近では日本から廃車譲渡された車両が海外で第二の人生を歩み始め、現地の気候や文化に合わせた姿になって活躍している事など実際に乗り鉄や撮り鉄するネタは尽きない。極めるには行動力と語学力が必要となることもある。

今回の再訪は異文化の国ベトナムの魅力を「鉄道の旅」で実感することである。人口600万人の首都ハノイから南部の800万人のホーチミンまで国土の南北を背骨のように1800Kmで結ぶ「ベトナム鉄道寝台列車の旅」は北部のハノイから南へ900Km、15時間の鉄道の旅に発つ。

その唯一南北縦貫の大動脈でもある幹線も単線、非電化で1日に数本が走るだけだ。南北分断・インフラ整備の遅れと海運の発達が今も鉄道を使う文化を持ち合わせていない。また鉄道の情報を集めようとしても見つけにくい。ハノイから中部フエまでの最上級の1等寝台料金は現地通貨で800000ドン日本円では約4000円と破格だ。出発地ハノイ駅は線路面と同じ高さの低いホームに旅客用3線と貨物の留置線があり有蓋車を連ねた貨物列車が待機している。構内には架線柱や信号柱などの立ち物がなく信号機などの標識も線路際にあり構内はすっきり観がある。また人が駅構内を歩いたりすることにもおとがめなしだ。各駅のポイントの転換(転轍器)は信号詰所で職員が手動で行っている。日本の50年以上前に見かけた光景だ。

東欧製のパワーの低い500馬力デーゼル機関車に14両の客車が牽かれ入線する。地平ホームから客車に乗り込むには各客車デッキの数段の仮設階段を車掌のエスコートを受けて乗り込む。この国では日本製の車両は全く見かけない。改札口は列車が全席座席指定のためか混雑さはない。遅れが常態化していると聞いていたが意外にも定時運行の19時30分定刻発車。気温も20度を下り黄昏の都市部は住宅や商店の軒先が迫るギリギリのところをゆっくり走る。

 寝台は1等寝台のソフトクラスを選び、4人ボックスの向かい合わせ2段ベッド。上段に上がるには梯子もなく腰の高さの足掛けに片足をかけて上がる。下段には広いテーブルが窓際に固定されている。3人旅だったため上段一人分は現地の若い男性が乗り、途中の駅で下車の後はすぐ交代に若い女性が乗ってきた。一つの席を無駄なく使っている。言葉が通じないがホーチミンまで15時間かけて行くそうだ。スマホに興じていた。

1本の線路の長さが日本の半分のため継ぎ目音が小刻みなリズムをつくる。線路幅も1000mmとこれも少し狭い。工期を早くするための策らしい。長距離列車には必要な食堂車は最後部に繋がれ、車内販売も頻繁にやってくる。朝、食堂車で国民食「フォー」を注文。客に混じって、食堂車の乗務員が休憩なのか食事やビールまで飲んでいる。日本を離れると、日常ではあり得ない面白い光景が沢山見られる。

翌朝9時にフエに到着。乗降客は西欧人が非常に多い。フエ駅駅舎のホーム側は数十の食品・日用品・土産などの雑貨店がなど縁日のように並び、停車中に飲食や買い物をする。駅舎の間取りは細かく仕切られた事務所が並び、幅1間ほどの中央出口の網シャッターを潜り抜けると駅前広場に出る。

ここで1泊観光し、翌日の9時55分に、さらに80Km南下。標高500mの景勝地ハイバン峠越えをしてダナンに向かう。この駅からは1等座席のソフトシートを選び、欧米人が多い車内は高速バスのようなシートも窮屈そう。車内中央の天井から吊り下げられたテレビの音が異様に耳障りだ。半径200mのS字カーブが20Kmも続き勾配も10‰以下で、東シナ海を眺めながらゆっくりと走る3時間の峠越えは、まるで秋田県の五能線のような風景でもある。窓越しに振り返ると客車は15両連結され1等座席車3両、2等寝台車4両、1等寝台車4両、食堂車・電源車など。「はえたたき」と言われた碍子付の電柱の通信ケーブルが線路に並行する。踏切警手ならぬトンネル見張り番は寝泊りしてトンネル内の人の往来の安全を守っている。日本でも20年代踏切番がある光景はあたりまえだった。

正午に中部ダナンの駅に着く。行き止まりになっており折り返しのため進行方向が逆になるため機関車の付け替えや水の補給などあわただしい。

縦断の旅は、まだ半分を残すが今回は世界遺産のホイアンを観て空路で南部ホーチミンへ。ここでは日本のODAで地下鉄工事が進んでいる。次回は中韓を排除して完成した日本製車両に乗れることを期待してまた訪れたい。




[12] 清一

投稿者: 下瀬 投稿日:2017年 1月22日(日)17時09分43秒 zaq7ac421f4.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

bob関西支部報
掲示板



[11] 京滋ハイキング(1/15 金剛山 中止)

投稿者: 山口勝雄 投稿日:2017年 1月 9日(月)16時26分5秒 112-68-8-137f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

寒中お見舞い申し上げます。

1月15日(日)のBOBハイキング(金剛山)は「中止」します。

この時期、まだお正月行事等と遠距離、雪山、アイゼン等々で、「不参加」の連絡を多数頂きました。

ちょっと企画が悪かったようです。すみません。

次回のご参加をお待ち致します。

山口勝雄


レンタル掲示板
19件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.