teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


京君宅/リビング

 投稿者:時枝 遊  投稿日:2009年 8月23日(日)09時02分56秒
返信・引用
  今回以降はもう無いよ……人妻を一人暮らしの男の家に入れるなんてそんな勇気僕には無いし……――京君が嫌って言うならもうしない。ごめんね…京君。(相手の切なそうな表情を見れば胸がキリッと痛み。しかし真面目な顔つきになれば今回のような事は二度と無いと誓いを立てるように力強く宣言して。相手の笑顔を見ればそれこそどこか切なさを感じずには居られず、“ごめん”と一言謝罪をすれば相手の頬に優しく片手を触れて)
くさいと言うか…少し恥ずかしい…かな。でも嬉しいよ――…こんな時にこんな事を言うのはとても不躾だけれど…ヤキモチ妬いてくれて…幸せにするって言って貰えて…僕は本当に幸せなんだ。ありがとう…(頬に寄せていた掌を朱に染まる相手の耳までソッと流すように移動させる。相手が照れれば此方も伝染していくように耳まで赤く染めて。不意打ちのキスにキョトンとするも、喜びの表情を全面に出すかのように微笑んで。自分が今どれほど幸せであるのかしみじみと語っていけば、今度は此方から触れる程の口付けをしてすぐに離れ)

(PL:お返事遅くなってすみません!!これからはきちんとお返しできるとおもいますので;;ご迷惑をお掛けします/深礼)
 
 

リビング

 投稿者:比企 京  投稿日:2009年 8月15日(土)21時31分4秒
返信・引用
  それなら良いんですけど…でも一つ屋根の下で一緒って言うのは、嫉妬しますからね。もう咎めましたよ、これ以上何を言えば良いのかも思いつきません。(相手の言葉に満足そうな顔を向けて、小さく頷く。無いと分かっていても、例え話を出せば自分で切なくなる。相手の言葉を全部聞き終われば、もう良いんですと告げて笑顔を相手に投げる。)
…くさい台詞でした?テレビドラマみたいなんて言われるとなんか急に恥ずかしくなってきた。…ってまぁこれからって事です、俺も先生を幸せにできるように頑張りますから。(テレビドラマと言う単語を聞いた瞬間、冷静に考えれば弓に羞恥心が芽生え、ほんのり朱に染まる耳。小さく照れながら問いかける。すべて喋り終えれば、抱きしめたまま顔を相手の目の前まで持っていき、ふわりと唇を重ねる。離せば相手と視線を絡めて口の端を上げる)

(PL:明日からまた家を開けるので今日は終わりたいと思います。暇がありましたら携帯等で書き込みます。でわ今日は短いお時間でしたが退散します;;)
 

京君宅/リビング

 投稿者:時枝 遊  投稿日:2009年 8月15日(土)21時08分44秒
返信・引用
  うん…約束するよ、彼女と疚しい事なんて何も無いから。なんていうか…こんなに君を傷付けておいて何も咎めが無いのは――…申し訳無くて。(相手からの条件にも迷う事なくコクリと頷いき了承して。彼女と人に言えないような事は今もこれからも絶対に無いと真面目な表情で堅く言い切り。問い掛けには少し言い方に迷ってしまい、それが原因で口調にも乱れが生じ少し言葉に詰まりながらも今の思いを伝えていき。眉は相変わらず下がったままであり、一通り言葉を言い終わればチラリと相手を見て)
なんだか……テレビドラマのような台詞…だね?僕……ちゃんと君の事理解するから――…誰よりも君の事を幸せに出来るように――……(映画やドラマのような甘い台詞にほんのりと頬を朱色に染めて。相手の手が背中に触れられれば二度と戻って来ないと覚悟していた温もりに一粒の涙が頬を伝って。ソッと遠慮気味に此方も相手の背中に手を回して温もりと相手の存在を感じて)
 

リビング

 投稿者:比企 京  投稿日:2009年 8月15日(土)20時42分56秒
返信・引用
  いいんです。その代わり彼女さんと何かある度に、俺に話すって事が条件っです。…そんな風に言わないでください、…先生は咎めてほしいんですか?それにもう怒ってないですし…(口の端を上げて相手を安心させるように、問いかけに対しやんわりと答える。いまだに自分を責める相手に、相手から見えない頭の後ろで人差し指を立てて1つだけ条件を出してみる。額に這わせる手をじっと見つめながら、言葉を一つ一つ紡いでいく。)
好きな人に苦しめられるのは本望です、って言っときます…。お互いバカだから、相手が嫌いな事や好きな事をこれから沢山学べば良いんです。(相手が謝るたびにこちらが申し訳なくなってくる。肩にかかる温もりに対して、幸せそうに微笑んで背中に手を回す。回した手に少し力を入れる、相手の存在を感じ取るように。)

(PL:いえいえ、お互い様でございます;お願いしますね。)
 

京君宅/リビング

 投稿者:時枝 遊  投稿日:2009年 8月15日(土)19時56分6秒
返信・引用
  …ありがとう。ねぇ…京君はそれでいいのかい?僕は自業自得だから…辛いのは構わないよ…。でも京君は違うでしょう…僕を気にして咎めないでいるなら――…(幸せだと言われればごく自然に御礼の言葉がポツリと零れて。出されたお茶をようやく一口喉に流し入れる。コップを机に戻したところで相手に抱き寄せられ、呆然とその温もりを感じて。額にキスをされるば気恥ずかしそうにソッと己の額に指先を這わせ。眉を下げ良いのかと問い掛けて)
英語は僕が教えてあげる――…でも…君みたいに優しいバカはきっと僕みたいな酷い大バカに苦しめられる……ごめんね。(相手の表情を見れば胸が締め付けられそうに苦しく、相手の冗談にも眉を下げたまま答えて。真正面に居る相手の肩にトンと己の額を乗せ、蚊が鳴くような小さな声で呟きかけ)

(PL:遅くなりました。それからありがとうございます!これからは時間取れますのでよろしくお願いします/礼)
 

リビング

 投稿者:比企 京  投稿日:2009年 8月15日(土)18時37分51秒
返信・引用
  はははっ、今で充分幸せですから。先生…先生も辛い思いしてるんで、今日のことはおあいこって事で…俺もバカみたいに怒ってたし。(誰よりも幸せにと言われれば微笑んで、今が凄い幸せなんだと口にする。何度も謝る相手を見てると、こちらがなぜか苦しくなってくる。下を向いてる相手の頭を引き寄せて抱き寄せれば、ふわっと頭を撫でながら額に優しくキスを落とす。)
英語はバカかもしれないけど、他は先生よりバカじゃないですから。(急にいつものへらっとした表情になり、冗談を交えながら話し始める。小さくなった相手に気合を入れ元気を出してもらおうと、笑みを浮かべながらぺちぺちと背中を何回か叩く。もう泣かないでと小さく囁きながら。)

(PL:大丈夫です!!こちらも遅れがちですが宜しくお願いたします。)
 

京君宅/リビング

 投稿者:時枝 遊  投稿日:2009年 8月15日(土)17時59分11秒
返信・引用
  そッ……そんな事…絶対ないよ…。でも…君には誰よりも幸せに――…うん、京君…ごめん…本当にごめんね。また…大事な人の心を失うところだった。(問い掛けにはハッと瞳を丸く見開き、全否定を表すかのように首をフリフリと横に振って。しかし自分が否定出来る立場ではないと思えば段々と自信のなさそうな小声になっていって。相手の台詞と今宵初めて見る笑顔に言葉を途中で切り、何度も謝罪して、揚句に俯く顔を上げられなくなってしまい)
バッ……う、うん…僕は馬鹿だね…。僕は誰かを傷付けるのが怖くて1番大事な君を傷付けた…。なのに、君は優しくて…君もバカだよ――京君…。(馬鹿だと言われればシシュンと肩を竦めて。相手に涙を拭われれば自然と目を細め、その通りだと小さく頷いて。頭を撫で優しく接する相手に対して小さな小声で馬鹿だと告げて)

(PL:こんにちは!次レス遅くなりますが、とりあえずお返事を☆☆)
 

リビング

 投稿者:比企 京  投稿日:2009年 8月15日(土)17時15分53秒
返信・引用
  そんなことばっかり言って…そんなに他の人のところへ行ってほしいんですか?我慢なんてそんなにしてないし、喧嘩しても俺は離れないですよ。今回のことは反省していただければ十分です…ていうか遊先生以外に行く場所なんて全くないですから。(声を震わせながらどんどんマイナスな方へ考えている相手に、小さく溜息をつく。椅子を相手の近くまで寄せれば、至近距離で話し始める。今さっきまで怒っていたと分からないほど優しい笑顔で、語り始める。)
バカ…。人を好きになったからにはしょうがないことです、傷つくことを怖がってたら恋愛なんてできないです。俺を何だと思ってるんですか…駄目になるなんてことありえないですから(覗き込むように相手の顔を見て、バカと一言呟く。苦笑をもらせば親指で流れる涙をふき取る。自分がどんなに怒っても、結局は別れられないほど相手が好きでどうしようもないということを、ふと思いながら相手の頭を優しく撫で。)

(PL:遅れるぐらいどうってことないです!!!ほんと不定期で申し訳ありません;;)
 

京君宅/リビング

 投稿者:時枝 遊  投稿日:2009年 8月13日(木)23時55分11秒
返信・引用
  僕は君に我慢させてばかりだね……――いいんだよ?京君が自分を幸せにしてくれる人のところへ行ったとしても僕は文句の一つも言えないし、仕方が無いって思っている。(相手が麦茶を置いてくれれば小さく一礼して。無意識とは言え最愛の人物に心の傷を負わせた痛みはそのまま己の胸へと返ってきたように苦しく。心臓を抉るような辛い言葉も相手の事を思えばこそ声を震わせながら述べて)
でも僕は君の“好き”に答えられていないよね…?どんなに好きでも色んな事で君を傷つけてしまう……君を…駄目にしてしまう…ごめん。(相手の切なそうな表情と言葉を聞けば自然とポロリと涙が頬を流れていく。己の立場や性格が前の彼女のように相手を傷つけ駄目にしてしまいそうだと思えば、今まで溜めていた想いや涙を吐き出して)

(PL:お久しぶりです!此方こそレス遅れてしまいすみません;;)
 

リビング

 投稿者:比企 京  投稿日:2009年 8月13日(木)17時53分35秒
返信・引用
  流石に悔しかったなぁ…てか悲しかったです。一言くらい言っててくれれば、少しは我慢したんですけど。(冷えた麦茶を1つ相手の目の前に置き、その隣に自分の分を置けば隣にゆっくりと座り込む。ふと視線を相手に向ければ淡々と語り始める。正直最初っから伝えられていたところで、文句を言わない自信もないが、多分今よりはましだっただろうと伝える。)
先生…俺って遊先生が思うよりずっと、優先生が好きなんです。(机に肘を突いて体を相手の方に向いて足を組む。視線をずっと相手に向けながら、肘を突いていないほうの手で相手の髪の毛を弄る。その表情は切ないような笑みで、ポツリポツリと呟く。)

(PL:お久しぶりです!!!泊りがけで居なかったもので;;)
 

レンタル掲示板
/7