投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


老化は異常な事か?

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月24日(金)08時55分30秒
返信・引用 編集済
   夜中に何度も起きてトイレに行くのは異常な事で、ノコギリヤシで治す必要があると刷り
込まれていますが、その常識に疑問を感じるようになりました。

 レム睡眠になった時に目が覚めてトイレに行き、寝直すとノンレム睡眠の割合が増えるの
ではないかと気が付きました。

【ノンレム睡眠】
・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
・身体を支える筋肉は働いている
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている

 ノコギリヤシで無理やり以前の睡眠パターンに戻す事は、間違っているのではないでしょ
うか。

 昔の老人は健康や体力維持の為にスポーツをすると言う習慣はありませんでした。

 身体を使うよりも、近所の揉め事の調停をしたり、若い夫婦の相談に乗ったりと頭を使う
事が中心になっていました。職人であれば匠の技と言われる、長年の経験の積み重ねを元に
高度な物作りをしていました。

 現代の老人は、若く見られたい、昔の体力を取り戻したいと言う事ばかりで頭がいっぱい
になっています。

 その結果が脳の萎縮、思考停止、老人による万引き等の犯罪、寝たきり老人の増加、
介護を苦にした自殺や殺人、脳梗塞などの病気をひき起こしているのかもしれません。

 老眼なのでとか、目が疲れるのでとか理由を付けて本を読もうとしない老人が増えて
います。

 野球中継を観ながらビールを飲むのが定年後の普通の姿と考え、観るものが無い時は
体力維持の為にジョギングで汗を流すのが、当たり前になっているようです。

 尿漏れや、失禁はジョギング中に起こる事が多いと聞きます。

 脳を使い、手を使って何かを作ると言う、昔の老人が普通にしていたのと真逆の事をして
いると、超高齢化社会に対する負のイメージは増大し続けます。

 晴れの日は毎朝裸眼で太陽を見ていますので、老眼にならないし、長時間本を読んだりパ
ソコンの画面に集中していても、目が疲れる事はありません。
 

疲れと言うものは無かった?

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月23日(木)06時24分42秒
返信・引用 編集済
   植原先生も話していましたが、疲れないけど眠くなるのは私も同じです。

 伴五紀氏が眠らなかったのは、ゲームをしている間は眠りと同じ効果が働いていたの
ではないかと思います。80歳を超えているのにゲームセンターでチャンピオンだった
のは、熟睡時の脳波で超高速の操作をしていた為だと考えられます。

 私は忙しくなってからは、早く寝るようになりました。

 9時台以降のテレビドラマは録画して、休日か早い時間に観るようになりました。

 6時に目覚めた時は、前日どんなに忙しく働いても何事も無かったかのように気分は
爽快です。

 これは特別な事では無く、或る時期までの日本人に疲れと言う感覚は無かったと言うの
が正しいようです。

 気分転換が必要、癒しやリラクゼーションやレクリエーションが必要、等と言うように
なったのは何時の頃からか調べる必要があります。

 ※ルンルの会の「るん・る」は癒しやリラクゼーションとは無縁のものです。

 私が20代の頃には既に疲れを感じる時が有りましたので、現時点の植原先生や私のよう
に疲れないと言うのは、もっと昔の日本人には当たり前の事だったと考えられます。

 日本人が疲れるようになったのは、恐らく昭和20年8月15日以降ではないかと思い
ます。このように書くとGHQによる戦後政策と関係があるかのように受け止められるかも
しれませんが、抗生物質が普及し始めたのがこの時期からです。抗生物質が多くの命を
救ったのは事実ですが、乱用が進み食品にまで含まれるようになった事が問題です。

 抗生物質の乱用と疲れには、明白な因果関係があります。

 緩みとMMS(二酸化塩素とクエン酸)の摂取で何故疲れの感覚が消えるのかは謎ですが、
知った人は試してみる事で人生が変わるのは間違いありません。お金は殆どかかりません!!

 伴五紀氏の書いた本を3冊取り寄せて読み始めています。

 小気味が良いと言うか、合理性に満ち溢れた氏の考え方は、今のメディアが垂れ流して
いる曖昧模糊とした情報とは対極にあるものだと、読み始めてすぐに感じました。

 38年前に書かれたものは、技術的な提案が過去の製品に関するもので参考になりません
が、考え方・発想法は大いに参考になります。内容が古くて役に立たないと判断されたもの
は、アマゾン中古本価格は1円とか29円+送料250円です。17年前に書かれたものは、
送料を足すと定価よりも少し高くなっています。66年前の最初の著作「相対性理論概説―
時空構成の論理」 (1950年) は3800円もするのと、純然たる理論書らしいので注文は
しません。

 ※ジャパンフーズのクエン酸「つかれず粉」が今届きました。MMSと混合するクエン酸
は今後この製品を使います。2,700円で10年間使い続けられる量が来たので驚いてい
ます。
 

そうです

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月22日(水)07時01分35秒
返信・引用 編集済
   私自身、或る時から疲労感と言うものが無くなりました。

 昨日も商品仕入れの為に6時間以上運転を続けましたが、全く疲れていません。

 私は植原先生とさほど変わらない年齢ですが、社長である息子が急激に市場拡大をして
いますので突然仕入れ係を引き受ける事になり、大変忙しくなりましたが全く疲れません。

 緩みとMMS以外の要素としては、20歳の時からビールを飲み続けていましたが、
6年前から一切アルコールを飲まなくなった事も影響していると考えられます。

 煙草は頻繁に喫います。

 今は国策で若者にビールを飲ませようと躍起になっています、反面煙草はどんどん喫える
場所が無くなっています。

 日本は世界一寝たきり老人の比率が高いと、昨日運転している時にカーナビのテレビから
聞こえてきました。

 禁煙して、何でもよいからスポーツをして、仲間と酒を酌み交わして笑っていたら健康に
なると、朝から晩まで国民に刷り込んでいますが、寝たきり老人の比率が世界一と言う現実
を見る限り、誤った健康常識である事は明らかです。

 常識の逆を行く生活を続けていますが、医者にも薬にも縁が無く、しかも疲れると言う
感覚を忘れてしまいました。

 本は毎日読みます、今読んでいるのは「失われてゆく、我々の内なる細菌」マーティン・
J・ブレイザー (著), 山本 太郎 (翻訳)みすず書房¥3,456.-です。

 スポーツで筋肉を鍛えるよりも、その辺の医者が知らない事をどんどん学んで、絶え間なく
脳を活性化させる方が健康には良いと確信しています。

 元スポーツ選手やスポーツ好きの老人が脳梗塞等々で倒れる例が余りにも多い事に、誰も
疑問を感じないのは変な話です。

 2020年の東京オリンピックは、日本人が心身共に崩壊するきっかけになったと、100年後
に日本列島で暮らす人達は、寒冷化が進む中で学ぶ事になるかもしれません。

 こんな非国民的な発言をすると、「テロ等準備罪」で警察に目を付けられるのでしょうか。
 

大変参考になりました。

 投稿者:たつみ  投稿日:2017年 3月21日(火)16時16分43秒
返信・引用
  植原先生は脳疲れないんですね。  

京都ルンルにて

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月20日(月)12時38分16秒
返信・引用 編集済
   植原先生と古いルンル会員の多くは、緩みとMMSのデトックス効果で「疲れ」と言うもの
を感じない日々を過ごしています。疲れとは、脳が疲れたと感じるだけで、筋肉や目が疲れる
という事はありません。(筋肉痛は別の要素です)

 新しい会員さんからの質問をきっかけに、植原先生は脳が疲れないので睡眠を必要としな
かった発明家、伴五紀氏の話をされました。生涯に約2,400件の特許を取得し、世界中の企業
が無償でその恩恵を受けていますが、植原先生から聞くまでは名前も知らなかった人が殆ど
だと思います。

 植原先生曰く、エジソンのようなインチキ発明家ではなく、伴五紀氏こそ本物の発明家で
あり、80歳を超えてもゲームセンターでは若者を抑えて常にチャンピオンでした。

 伴五紀氏に関しては、伴五紀財団のホームページをご覧ください。

 伴五紀氏を動かしていたものは超の付く合理性で、氏による「人間の怠けたい欲求からくる
戒めるべき迷信15箇条」は、植原先生がルンルの場でよく話される内容に通じるものがありま
すので、転記します。最初の文章が迷信で、・・・の後が伴五紀氏の考えです。

人間の怠けたい欲求からくる迷信15箇条

迷信1.長く考えているほど良い考えがでてくるものである。・・・長く考える人のアタマは
カラッポであり、良い考えというものは必ずしも時間の関数ではない。

迷信2.研究者は他人に期待してはならない。自分の責任において仕事をすることが正しい
研究者の姿勢だ。・・・怠けても気付かれないし、自分を正当化できる。自由で勝手なこと
ができる。

迷信3.創造するためには、他の文献や参考書などは見ないほうが良い。先入観を排除して、
斬新なアイデアを生み出す努力をするのが有能な研究者である。・・・文献を読む労力と他人
に聞く労力を掛けなくて済むし、聞くことで感じるコンプレックスからも解放される。

迷信4.民主的な仕事をするためには、多くの人たちの同意を得る必要があるから、時間を掛
けて十分に話し合って行うべきである。・・・責任の分散。時間を掛けなくても十分に話し
合うことはできる。怠け者集団の共通心理。

迷信5.アタマを休めなければ名案は浮かばない。気分転換の休息、設備などを研究者に与える
のは当然である。・・・アタマは使いすぎて壊れることはない。休息することによりかえって
鈍くなる。気分転換という名目で怠けてはならない。

迷信6.期限を切られていては良い仕事ができない。研究者には、拙速ということは許されない。
・・・逆である。追い詰められたとき、普段よりも能力を発揮するのが、普通の人間の
本性である。研究のスピード化の責任をすり替えてはならない。

迷信7.研究者の仕事は全面的に任せてくれた方が良い仕事ができる。上司や関連部門からの
指示や意見など百害あって一理なしである。・・・全面的に任せることのできない無能な研究
者に限ってこのような理屈をこねる。方向違いの研究を勝手にやられたら怠け者どころか邪魔
者にもなりかねない。

迷信8.夜になるとアタマが冴えてくる。したがって研究者の勤務簿やタイムカードなどナン
センスである。・・・どこかに属している以上、これは自分勝手な理屈であり、プロの研究者
は昼間にアタマが冴えるものである。

迷信9.良い環境と良い設備がなければ良い研究者は育たない。・・・自分の能力不足や怠け
心を環境や設備に責任転嫁することは許されない。

迷信10.基礎研究を十分にし、各種の調査を十分にすることが良い研究開発をするための
必要条件である。・・・基礎研究は学生や学者に任せればよい。怠け者が気を使わなくても、
十分に基礎研究はなされているから、その結果を信用して本業に集中すべきである。各種の
調査は必要最低限の時間の中で行うものである。

迷信11.努力をしただけでは良い研究は達成できない。研究者としての能力がなければ駄目で
ある。・・・研究開発の仕事は努力、とくに訓練の結晶である。失敗を繰り返すのが訓練。
一歩ずつ登れば、必ず山の頂点に辿り着く。

迷信12.テーマができたら、まずその否定要素を探しだすよう慎重に研究をはじめなくては
いけない。・・・研究者の姿勢は常に未知への挑戦である。はじめから逃避、責任逃れの
ような態度は怠け者そのものである。

迷信13.特定の思想や偏った意見は開発にとって有害となる。・・・管理職を専門にして
いるタイプに多く、リーダーシップを取る能力に欠けている。

迷信14.研究には常に困難が待ち構えている。忍耐と努力が研究者には必要とされる。
・・・いかなる仕事でも苦労がある。ことさらに難しい仕事であると強調するのは
笑止である。難しいと感じるのは仕事ではなく、その人の頭脳構造のほうである。

迷信15.与えられたテーマでは研究者の能力は発揮できない。自由なテーマで仕事をさせる
べきである。・・・命令された仕事を100%こなせる人には次から次へと仕事が与えられて
くるはずである。命令された仕事も満足にできない研究者にどうして良い仕事を任せること
ができようか。

http://e-mailbox.co.jp/iban/index.html

 

これからも投稿宜しくお願いします。

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月16日(木)17時39分2秒
返信・引用 編集済
   私と友人の参加レポートだけでは限界がありますので、このような報告が一番ありが
たいです。

 質問などの流れ次第で、何を話されるかは会場毎に違いますので、是非これからもお
願いします。

 パン食は日本人には合わないなどと、どこかの学者がテレビで言うものですから、パン
好きの人は心穏やかでは無かったと思います。

 ※パンしか食べられないと言うダイビング仲間の看護婦さんは、白米を一切食べません
でしたが、日本で暮らしている限り彼女のように極端な人はごく僅かでしょう。何時も
茶色い顔をしていました。話は違いますが、正食に拘る人は茶色がかった灰色の顔をして
いて頑固です。

 昔EM玄米が身体に良いと信じて5年続けたら肝臓を痛めて、その失敗経験以降は良い
とか悪いとか考えずに、何となく気が向いたものを飲食するようになりました。

 正食に嵌っている人には無知蒙昧な輩に見えると思いますが、コカ・コーラを飲みなが
らマクドナルドを食べる事もあります。

 甘いものは大好きですが、糖尿病の気配を自覚しましたので、食事の後に必ず甘いもの
を食べる習慣は少しだけ改めました。小麦でつくったクラッカーはよく食べます。

 糖尿病に良いと言うキクイモが今年は大豊作で、毎朝豆乳ヨーグルトジュースに混ぜて
飲んでいます。

 ルンルHPの植原先生発言録のページに、エイミーさんの投稿を掲載しました。

http://www.runru.info/kizuki/komugi.htm

 

白米と小麦の関係(先生のお話より)

 投稿者:エイミーメール  投稿日:2017年 3月16日(木)16時35分18秒
返信・引用
  今月のルン・ルに参加して、ルン・ルだけでなく先生のお話を聞くためにも行ったのではないか、と思うようなお話がありました。

植原先生の最初の本でも、白米の話がありましたが、今回のお話では小麦とお米の関係が出てきました。

白米を食べるのは普通でも、小麦の和菓子が欲しくなったり、ふと違う時間ではトーストが食べたくなったりが自然に思えていた最近でした。

脳のためには炭水化物の白米を食べることの大切さ、小麦も白米食のために食べることの有用性を先生が話されていて、面白いことに気づきました。

私は海外にも住んだことがあって、小麦が主食の国や地域の人たちは、お菓子に白米を使うことがあるんです。
日本人は、米を主食にして、小麦を和菓子に使うように。。。
何かすごく感動していました。
あ、そういうことだったのか、と頭ではなく体と心で理解してしっくり来ました。

日本は、小麦の和菓子って本当に豊富で、茶道をしていたからわかることもあるのですが、米と小麦の関係が長い時間をかけて文化的な理解にも結びついた気がします。

日本の和菓子の多様性は本当に素晴らしいと思います。
植原先生は、果物よりも饅頭を、と今回おっしゃいましたが、まさに野口体操の創始者である故・野口三千三先生も、饅頭や和菓子をよく口にしたと聞いたことがあったのを思い出しました。

前日の予約で急に行きたくなって申し込んだルン・ルでしたが、必然で行ったようにも思います。

今回、初投稿ですが、また気づきがあったら書き込みしたいと思います。
この場があることに感謝いたします。
 

ハードルを超える

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月14日(火)09時56分0秒
返信・引用 編集済
   たまにはハードルの高い事に取り組んで、成功すると嬉しいものです。

 娘が嵌っているガゼットのコンサートチケットを当方が手配しているのですが、前回から
スマホチケット限定に申し込み方法が変わってしまいました。

 前回の代々木公園でのライブは行くつもりでしたが、娘のスマホを使った申し込みがエラ
ーばかり出て、最終画面までたどり着けませんでした。

 あとで考えたら、東京までのドライブと車椅子対応の宿の手配は難問で、チケットが取れ
なくて正直ほっとしました。

 今回は大阪の公演なので、成功するまで頑張ろうと気合を入れました。

 途中で何度もエラーになったので、2回パスワードの再設定をして、何とか予約申し込み
画面にたどり着くことが出来ました。

 娘の携帯メールにも、当方のPCメールにも、受付完了の知らせが来て成功が確認できました。

 最初に私のPCを使うのに都合の良いデーターを登録していますので、娘のスマホからしか
申し込めないとなると基本データーが合わなくなり、登録されていないとか、パスワードが違
いますとか、様々なエラーが発生したのです。

 更に難儀な事に、スマホ限定と言うのにスマホ対応画面は最初だけで、大事なページはPC
用の画面しか用意していないので、絶えず拡大しないと説明文が読めないのです。会社とルン
ルのホームページを苦労して全頁モバイル対応にしたのは正しかったと今回気付きました。

 スマホの小さな画面を見続けたのと慣れない操作で頭がクラクラしてきましたが、何とか
成功し、娘も妻も前回からの苦労を知っていますので大喜びしました。

 森友学園問題は政治家の関与が闇に葬られたまま終息しそうですが、日本は民主主義国家と
看板を掲げながらも実際は全体主義国家なので、メディアも国民も事の真相を知らせず・知ら
ずのまま時が流れていきます。

 私達一人々が様々な事を知る努力をし、課題を乗り越える習慣を身に付けるしかありません。
 

ご回答ありがとうございます。

 投稿者:たつみ  投稿日:2017年 3月14日(火)08時53分22秒
返信・引用
  森友問題収束のようですね。  

メディアに関しては

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月13日(月)09時37分20秒
返信・引用 編集済
   韓国やアメリカの方がまともなのではないかと感じています。

 日本ではテレビも新聞もネットも、同じ視点からの報道や解説や評論しかありません。

 余程へそ曲がりの人でないと、国民の殆どが同じ方向でしか物事を見ないし、考えるしか
ない社会になってしまいます。

 煙草文化が僅かな年月で跡形も無く消えそうになっているのは、素直過ぎる国民が大多数を
占めている事を証明しています。

 高齢ドライバーの交通事故が多発しているとメディアは大騒ぎしていますが、私は安全運転
管理者講習を毎年受講していますので、交通事故による死者数が過去には万の単位だったの
が、現在は3千人台になり、毎年過去最低人数を更新している事を知っています。

 これは安管講習の成果だと演壇に立つ警察官やどこかの大学の先生は自画自賛していますが、
私が会社に帰って社員に内容を話したことはありません。

 全ての男性と、何割かの元気な女性が運転免許証をとり、仕事や家事に不可欠な道具とし
て常に車を使っていた年代が、高齢者と呼ばれる歳になっただけの話です。

 昔のように暴走できるような道路状況ではありませんし、車の安全性もどんどん高まり、
接触事故は頻発しても、死者が出るような交通事故は毎年激減しているのが事実です。

 交通事故を問題にするよりも、アルコールが原因で命を落とす人が全国でどれほどの人数に
なるか話題になる事はありませんが、恐らく交通事故による死者数の数百倍かそれ以上になる
のではないかと思います。現に我が家の3女もビールで命をなくしそうになりました。

 日常的な過度の飲酒が脳の萎縮に繋がる事は多くの研究者が報告しています。アクセルと
ブレーキの踏み間違いは高齢が原因ではなく、アルコールを原因とする脳萎縮による判断能力
低下が原因だと考えられます。スポーツや笑いを奨励するより、アルコールを控えるように
警告する方が大事です。メディアにとっては大スポンサーなので無理だと思いますが・・・
ところがアルコール依存症について、読売新聞が特集コーナーを設けて月曜日の朝刊にレポー
トをし続けています。

 トランプ大統領夫妻は、アルコールは人を駄目にすると考えて、全く口にしないそうです。
 

戦力になるかどうか

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月12日(日)18時30分7秒
返信・引用
   雇用する側にとっては、銭を出すのだから雇用した人が戦力になるかどうかが問題です。

 どこの職場でもスムーズに仕事が進む為の基本的なルールがあります。

 戦力になるように、最初の段階で指導や注意を受けるのは普通の事です。

 自分がその職場で戦力になれるかどうか、自問自答し、無理だと思ったらやめるしか
ありません。

 銭が必要であれば、自分が「戦力になる人」になるしかありません。

 私は物心ついて以来、雇う側にいましたので、人件費を無駄にしない為にどうすれば
よいかを考え続けていました。
 

口撃によるいじめ

 投稿者:ウーパールーパーメール  投稿日:2017年 3月12日(日)15時24分12秒
返信・引用
  ものすごく、お久しぶりです(投稿名以前と違いましたらごめんなさい)

私事で申し訳ないのですが

今年になってから、自分が不得手である「対人」関連の仕事を始めました(パートです)
そこで、雇用者の奥さんからの手厳しい指導に、たまらんな~と日々感じていたのですが
ええ年こいての初めてだらけの職場でしたので、しゃあないかと思っておりました

そこには一年先輩の私より少し若いお方(違う仕事内容)がおりまして、
この方の指導がまた、奥さんのよりさらにたまらん指導で、
曰く、奥さんがこう言ってた
曰く、以前の人ははこうだった
曰く、ここのやり方に従ってもらわないと困ります
曰く、あなたの職分についてのことはわからないが、言う通りにしてくれないと困ります
曰く、声が小さい!
曰く、聞こえない!
曰く、返事がない!

などなど、職場で、帰りの道で、あるいは更衣室での指導がありまして
(要するに、二人きりの時)
ええ年こいてなんですが、新人なので黙ってハイハイと聞いてたのですが
気が付いてみると、なんと!動けなくなっていました
(今この場にその人はいないのですが、書いてるだけでドキドキしてきました)
(昔流行っていた、地獄の特訓を思い出してしまいました)

動けない→これはいかん→なんで動けないか?→息ができていない

で、深呼吸して動けるようになったのですが


ここで拉致された人とか暴力にあってる人達が、簡単に逃げ出せる状況なのに逃げ出せない理由がやっとわかりました

人間って恐怖があると息ができなくなり、動けなくなるのですね
頭も働かなくなくなる


お陰様で他人の気持ちが少々わかって、人に優しくすることが以前よりできる気がします
人間、経験しないとわからないもんですねえ


二人きりにならにように回避行動したのですが、さらにパワーアップされてしまったので
この職場とは、近々おさらばすることになるだろうと思っています

長文、たいへん失礼いたしました


追伸:冷凍酢たまねぎ、というのを去年やってみましたが、効果のほどは実感できませんでした
トマトジュースに混ぜて飲んでいたのですが、ジュースがいけなかったのかも知れませんね
 

人の身体は地球と同じ

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月 6日(月)09時56分0秒
返信・引用 編集済
   科学は進んでいるとメディアは言いますが、十分に解明できていないと言う点では地球と
同様に人と言う生命体についても未解明な部分が山ほどあります。

 医者や科学者や専門家が問題を何でも解決してくれると考えていると、不安の無い、健康的
な日常生活からは遠ざかってしまいます。

 素人やアマチュアは何もできないと言う考え方を捨てて、素人やアマチュアだからこそ既存
の流れに囚われず、全く別の角度から正解にたどり着ける可能性もあると考える事が大事だと
思います。

 と言っても、パソコンの前に座り込んだままの直感、閃き、思いつきは100%間違って
います。何かに気付けば猛烈に勉強をし、自分自身で実証実験を重ね、間違いのない結果を
確認できた時に、その成果を縁のある人に伝える事で、医者や学者や専門家が到達出来なかっ
た本物情報を周りの人に役立てる事が出来るかもしれません。

 自分は無力で、偉い人にすがるしかないと考えていると、この世に個として生まれてきた
意味に気付かないまま、面白くも無い人生を終えてしまいます。
 

買っていないので分かりません

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月 3日(金)13時54分2秒
返信・引用 編集済
   私は自分で見つけた物以外は信用しませんので、先生からは特に何も買いません。

 先生が良いと認めた物を、ルンルの後に紹介されることはありますが、取り寄せた
事はありません。

 先生が薦められるものは、それなりに根拠があると思いますので、興味があれば
ルンルに参加された時に直接聞かれたら如何でしょう。

 本に関しては、推薦されたものは購入しています。

 CDが2枚付いた、ひすいさんとの対談本は興味が無いので買っていません。

 植原先生は、会員を弟子にも信者にもされませんので、その事が分かっている
昔からの会員のスタンスは、私と似たようなものです。

 自分にとって大事なものは、自分自身で見つけるしかない、見つける事が出来る
能力を開花させる手伝いをされているのが植原先生です。

 最初は先生にくっ付いていれば、何でも教えてくださると期待してルンルを受けて
いる内に、ああそうではないんだと気付く時が来ます。

 勘違いしたまま、やめていかれた方も大勢おられます、その人達は何でも教えてく
れる偉い先生を探して転々とされているようです。
 

睡眠時間といえば

 投稿者:たつみ  投稿日:2017年 3月 3日(金)13時21分51秒
返信・引用
  ルンルの最中寝ているか起きているかわからなくなります。
植原先生は水以外に何かを販売されていますでしょうか?
 

睡眠時間

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月 2日(木)06時59分19秒
返信・引用 編集済
   さんまさんの司会で東大生がひな壇に並んでいる番組の中で睡眠時間の話が出ました。

 一人の女子大生が睡眠時間は7~8時間と発言すると、周りから長過ぎると笑われて
いました。

 私も一時期老人は6時間の睡眠で良いと言う通説を真に受けて続けていたら、昼間に
眠くなる事が分かって7~8時間に戻しました。

 何歳であろうと、人には7~8時間の睡眠が必要だと身をもって知りました。

 この頃は面白いテレビドラマの放映時間がどんどん遅くなっています。

 日本人の睡眠時間を短くするようにメディアが画策しているようです。

 毎日アルコールを飲む事を常識化する気配もあります。

 アルコールを飲んで寝れば、短い睡眠時間で体力は回復すると考えるように誘導されて
いるのかもしれません。

 アルコールを飲まなければ眠れないと言う人は、その状況が続けば生命力・免疫力が低下
し、頭の働きも悪くなります。周りの人もそうしていると安心していたら、周りと同じよう
に痴呆老人になって、老人介護施設で晩年を過ごす事になります。

 必死になって貯金しても、介護施設への入居費や医療費に吸い上げられてしまうのが
当たり前の社会になると、日本は滅びの道を進むことになります。

 周りの皆がやっている事が正しくて、安心安全等と考えていると面白くない人生を過ごす
事になります。
 

酢玉葱は結構いける

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 3月 1日(水)16時50分44秒
返信・引用 編集済
   腸内細菌が家出する日 藤田 紘一郎 ¥1,296に、酢玉葱が腸に良いと書いていましたので、
昨日から食べています。

 玉葱の頭と根の部分を切り落として、適当に薄く切ったものを水には晒さず、1時間ほど
空気に晒してから蓋の有る瓶に入れて、酢をヒタヒタに入れて、軽く塩を振って、冷蔵庫に
入れて次の日から食べると言う実に簡単なものです。蜂蜜を少し入れても良いでしょう。
(記憶だけで書きましたので、何か抜けていたらお許しください)

 焼き魚に乗せたり、酢のものに混ぜたりして家族で食べています。

 味噌汁に滲出液を混ぜてみたら、面白い味になりました。

 早めに食べた方が良さそうなので、食事の度に何かに添えています。

 ここ何十年と病気に罹った記憶が無いので、酢玉葱の効果は良くわかりませんが、何となく
スッキリとしています。

 病気ではありませんが、ブラウンガスの発生装置を作っていた頃に爆縮で右の鼓膜が破れて
治ったと思っていましたが、今日になって少し聞こえにくい事が分かりました。

 医者に行かなかったので気が付きませんでした、絨毯スピーカーで音楽を聴くのに支障は
ありません。
 

幼児の突然死を防ぐ為に

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 2月27日(月)08時58分20秒
返信・引用 編集済
   現在の出産に係る法制度を早急に見直す必要があります。

 人の身体にいる100兆個を超える細菌が人の健康や心の在り方や思考能力に大きく
関わっていると言う、ヒトマイクロバイオーム関連の本を集中して読んでいます。

 これは疑似科学でも精神世界の話でもなく、10年前からようやく研究が本格化した
最先端の生命科学です。

 どの本にも帝王切開と、行き過ぎた殺菌・除菌環境での出産の弊害が記述されています。

 母体が耐えられるなら帝王切開は極力避ける必要があること、新生児に母親の膣内で
形成された微生物叢(マイクロバイオーム)が引き継がれる処置をする事で、幼児の突
然死を防ぎ、様々な21世紀病に苦しむ可能性を防止する事が分かっているのですから、
昔のお産婆さんが持っていた知識や技術や常識を持たない病院でしか出産できない現在の
制度は早急に改める必要があります。

 現在の出産に係る制度の中で、生まれた時からハンディを背負って歩むことになる日本人
が、日々病院でとりあげられている事実を知る必要があります。

 今朝のテレビで、高齢出産の母親が預けていた保育施設で我が子が突然死した事について、
施設の不手際を追求するドキュメントが流れていました。

 今後このような幼児の突然死が増える事が予想されますが、それを全て施設側の不手際と
親やメディアが攻撃していると、真の原因に気付かないまま誰かを悪者にする社会になって
しまいます。

 自殺する子供についても、いじめっ子、先生、学校、教育委員会が原因と親とメディア
が攻撃しているだけでは解決しません。いじめは人類史上始まって以来ありましたが、自殺
する子供は滅多にいませんでした、育てる親の意識や常識も変化しています。

 高齢出産した母親の膣内微生物叢が正常であったかも、今後は問題となってきます。

 TOTOの発明したウォッシュレットトイレの弊害も記述されています。

 私たちの常識は、いつの間にか歪み始めています。

 体調不良に悩む人は、ウォッシュレットが付いていても、敢えてトイレットペーパーだけ
で処理をするように変えてみたら、案外悩みが解決するかもしれません。

 帝王切開で生まれたらからと言って暗い未来しかないと言う訳ではありません、細菌との
共生を考えた子育てをすれば良いし、潔癖症の親に育てられて様々な心身の問題を抱えて大人
になっても、人と細菌の関係についてよく勉強をし、生活習慣を改めれば、細菌との共生と言
うよりも、細菌の助けによって爽やかな人生を送る事は可能です。

 MMSと言う、細菌やウイルスや寄生虫を調整する機能を持った、面白い体内環境調整手段
を誰でも何時でも簡単に体験できる状況になっています。

 この手段は、どんな名医も、医学博士も知らない調整法なので、行きつけの病院で相談して
も無駄です。全ての医師から、危険だからそんな変なものに手を出してはいけませんと忠告さ
れるでしょう。

 これは単に知識や思い込みや願望で書いているのではありません、10年近くにわたって
植原先生や多くのルンル会員や私自身が人体実験を続けて立証できた事実です。

 政府の掲げる健康増進法は筋肉を鍛える事、意味なく群れさせる事、無意味な固有名詞を
沢山覚えさせる事、気付きに繋がる嗜好品を抹殺する事・・・等が中心になっています。

 これでは花粉症もアトピーも鬱も集団食中毒も子殺し親殺しも思考停止も依存症も不安症
も増える一方です。
 

ちょい悪少年は煙草だった

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 2月23日(木)13時43分2秒
返信・引用 編集済
   昔のちょい悪少年は、大人に隠れて煙草を喫うのが定番でした。

 何を言おうとしているのか、お分かりかと思いますが沖縄で飲酒した小学生の運転する
3人乗りバイクが事故を起こして、中学生が一人死亡しました。

 今は小学生の時から煙草は本人も周りの人も病気にする最悪の嗜好品と教えられます。

 ところがテレビでは、スポーツ選手もアイドル(成人)も芸人さんも何かあるたびに楽
しそうにビールで乾杯をします。

 今のちょい悪少年は、悪ぶって背伸びをする時はビールを飲む事しか考えられないよう
になってしまったようです。

 煙草を喫って死亡事故を起こす事はありませんが、飲酒して暴行殺人をしたり、交通事故
を起こす例は枚挙にいとまがありません。

 国民が毎日のように飲んでいるアルコール飲料が、21世紀病の一因となっているのでは
ないかと研究する学者がいても、その研究成果をメディアが取り上げる事は無いでしょう。

 煙草は世に害をなすものと散々攻撃するのに、アルコール飲料は人を幸せにする良いもの
と宣伝するのは正しい事なのでしょうか。

 NHKの連ドラで、昭和30年代のジャズカフェの情景が出てきましたが、煙草の煙で
かすんでいないし、客の誰も煙草を喫っていないし、灰皿も置いていません。当時の電化
製品まで並べて時代考証に力を入れているNHKが、大嘘の場面設定をしています。

 私が学生の頃は、サークルの男性会員は全員が煙草を喫っていましたが、アルコール飲料
を飲むのは新入会員歓迎コンパや、何かのイベントの打ち上げの時だけで、月に1回程度で
した。

 その頃はアルツハイマー、花粉症、アトピー、インシュリン注射、鬱、加齢臭、介護老人
等と言う言葉は聞いた記憶がありませんし、小中学生が自殺する等と言う異常な出来事は
起こりませんでした・・・そう言えば、私が子供の頃の老人は威厳があって近寄っても無臭
でした!!(煙草のにおいはしましたが、それは大人の香りと受け止めていました)

 次元の低い話題で、申し訳ありません。
 

微生物叢(マイクロバイオーム)

 投稿者:bowsメール  投稿日:2017年 2月21日(火)09時39分4秒
返信・引用 編集済
    MMSの体質改善効果については、微生物叢(マイクロバイオーム)の勉強が不可欠と
わかりましたので、以下の2冊をアマゾンに注文しました。

 失われてゆく、我々の内なる細菌 マーティン・J・ブレイザー,山本 太郎 ¥3,456

  腸内細菌が家出する日 藤田 紘一郎 ¥1,296

 MMSについて色々と情報はありますが、マイクロバイオームとの関係に気付いた方
はおられないようです。

 これを学べば、自家製豆乳ヨーグルト作りとMMSの摂取は、相互に補完しあう関係で
あることに確信が持てそうです。

 これは私自身が人体実験を継続していて、長い人生で初めて疲労感の無い日々を送って
いる理由を知りたいと思ったからです。難しい専門知識や医学用語を知らなくても、実際
に効果の有る答えを見つけた訳で、現代医学や代替医療とは違う角度から健康にアプロー
チする方法があるのかもしれません。

 自家製豆乳ヨーグルト作りも、殆どの方がやっている玄米や既存のヨーグルト製品を種
にするのではなく、庭に生えている雑草の酵母や乳酸菌を利用している事に意味があるの
ではないかと感じています。

 健康の為にスポーツをしましょう、笑いましょう等と言う、低次元のプロパガンダ
に踊らされていると、21世紀病問題は解決しないし、無意味な研究や事業に莫大な
お金が浪費される事になります。

 医学知識の無い一凡人が、最先端医療の糸口を見出す可能性もあると言う事です。

 但しこの21世紀病予防法や体質改善法には殆どお金がかからない為に、製薬会社や
医療機関の利益にはならず無視されたり、危険と警告されるのは目に見えています。

 自家製ヨーグルトは雑菌だらけで危険と警告されても、亜塩素酸ナトリウムは強酸と
の反応により、有毒な二酸化塩素(ClO2)ガスを発生すると脅されても、自分の意志で
チャレンジするしかありません。
 ※水で薄めて速やかに飲むのは危険ではありませんが、反応直後の濃いガスは吸い込
まないように注意が必要です。

 同時に、コマーシャルに洗脳されて除菌・殺菌・消臭に夢中にならない事も大事です。

 爺になっても、面白い事は周りに一杯転がっています。
 

/186