teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


きり番、おめでとうございます

 投稿者:生方  投稿日:2017年11月 8日(水)23時20分3秒
  ご無沙汰しております。「8」も重なり末広がりですね!  
 

きり番ゲット

 投稿者:日系在日日本人  投稿日:2017年11月 5日(日)20時37分17秒
  久しぶりに、訪問してみたら88000人目のきり番でした。何かいいことでもあるかな?  

浜田さん、こんにちは

 投稿者:生方  投稿日:2017年 3月 5日(日)10時12分32秒
  HPご覧いただき、ありがとうございます。最近は発信媒体をフェイスブックに移してしまっているため、HPの更新を怠っております。もしよろしければ、このHPのメールアドレスにメールしていただければ、FBのアカウントなどもお伝えできます。いろいろとお話ししましょう。  

通勤の友に拝読しております。

 投稿者:浜田  投稿日:2017年 3月 3日(金)02時50分34秒
  浜田と申します。
東南アジアの某国にて、日本人子女向けの塾講師をしている者です。

もともとクラシック音楽好きで、ここ数年好みの作曲家の年代が昔へさかのぼる傾向があり、ハイドンやモーツァルトについていろいろと調べているうちに、生方さんのページにたどり着きました。

生方さんの社会の読み方やご意見、本当に共感するところが多く、また勉強になってます。恥ずかしながら、大学時代においてもあまり「良書」と呼ばれるものを読まずに来てしまい、この年(今年で41歳です)にしてようやく「学を志し」ているような状況でございます。生方さんの「団塊の世代の弱さ」を読んで、改めてウェーバーを読む気でおります。

最近、自分自身の人格や思想を磨くための話し相手に恵まれず、若輩の身ではありますが、生方さんにご迷惑でなければ、いろいろとお話させていただきたいと思い書き込ませていただきました。

もう2年も書き込みがないため、多少不安ではありますが、よろしくお願いいたします。

浜田
 

おたよりありがとうございます

 投稿者:生方  投稿日:2015年 2月16日(月)16時42分3秒
  金沢もこの冬は寒かったことでしょう。毎年ふきのとう味噌を作っておられるのですね。もう少し生活に余裕が出てきたら、山菜取りしたり花見に行ったり紅葉狩りをしたりといった季節を味わう生活を取り戻したいですね。  

お久しぶりです

 投稿者:日系在日日本人  投稿日:2015年 2月15日(日)23時22分43秒
  ここ数日寒波で辛い思いをしていましたが、天気予報では明日から少し温かくなるみたいです。
つらつらと読ませていただきましたが、お元気そうで何よりです。
恒例のふきのとう味噌を作る季節になってきました。1~2週間でふきのとうも出てくると思いますので、お暇なら山菜取りにお越しください。
 

息災にしております

 投稿者:生方  投稿日:2014年 3月 7日(金)09時53分22秒
  博士号取得の山場で、時間的にはきつい日々ですが、元気にやっております。
今年の7月頃にはやっと時間ができそうです。そうしたらまたこのホームページも復活しようと思っています。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2014年 3月 6日(木)01時51分20秒
   どうされたのか 気がかりです  こちらはぼちぼち ですよ  

信用秩序維持政策の続編を

 投稿者:Aone  投稿日:2012年 3月 8日(木)18時05分32秒
  ご無沙汰しています。
1月29日から早ひと月が経ちました。きっと想像なさっていた事態が始まっているのじゃないでしょうか。デフレ克服を看板の一つにした政策は中国などの低価格商品の氾濫で生じた事態だから問題をはぐらかして既にほんとうは怖いインフレ政策と言える金融政策に脚を踏み出しているって話を聞きます。まだ日本国民の節約志向が多く残っている中で国家指導者がそれを無視するが如きの貨幣増刷に圧力を変えて成功たのじゃないでしょうか。近づく総選挙対策とはいえ誰のための政府か疑問が拭えません。続きを是非教えてくださいね。
 

おたよりありがとうございました

 投稿者:生方(管理人)  投稿日:2011年 1月23日(日)22時09分29秒
   みさきさん、書き込みありがとうございました。
 大河ドラマも50年にもなるのですね。小生が小学生の頃、源平時代の歴史に強く惹かれたきっかけになったのは、大河ドラマ「源義経」でした。尾上菊之助がりりしい若武者義経を演じ、緒方拳が弁慶を演じていました。最終回、矢が頭に何本も刺さった緒方拳の「弁慶の立ち往生」姿が壮絶で、今でも思い出します。
 今年の「江」は中々面白い人物を選んだな、と思います。織田信長が実の叔父、豊臣秀吉が義理の兄、徳川家康が義理の父、という稀有な人間関係に囲まれた女性です。いろいろな「味付け」ができる「素材」ですね。どんな「江」像が造られるのか、楽しみです。
 

レンタル掲示板
/17