teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:88/669 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: あの悲惨な事故から30年

 投稿者:AERODROME管理人  投稿日:2015年 8月16日(日)00時12分59秒
  通報 返信・引用
  > No.813[元記事へ]

北風小僧のプ~タロ~さんへのお返事です。

御無沙汰しております。 まだまだ暑いですね。

> (前略)TVの゛ダーティペア゛放送中に速報のテロップが出て(後略)

1985年8月12日(金曜日)は、一週間続いたシフト勤務の最終日。
私があの事故を知ったのは、職場の待機室で観ていた
フジテレビ系列の“スーパー・ニュース”で、でした。
放送終了時間直前に第一報が入り、番組が急に慌ただしくなったところで時間切れ。
急いでチャンネルをNHKに切り替えた後は、
翌朝05時に待機が解かれるまでTVに釘づけになりました。

> 配属時期がほぼ一緒だった 転属で来られた方が 御巣鷹山捜索に行っており、
> 色々とお話を聞かせてもらった事があります。
  (中略)
> 誰かがやらなきゃいけない事だからと

それはまた、貴重な御話しを伺っていらっしゃるのですね。
今でこそ登山道が整備されてはいるものの、当時は獣道程度だったと聞き及びます。
夏の盛りの災害派遣任務は苛烈であった事と存じます。
それにしても、哀しいお話ですね。
人間の尊厳とはなんだろう? 柄にもなく、そんなことを想ってしまいました。

> ヘタレな自分でも不明になっているパイロットや御家族の事を考えると
> 一日中沿岸を歩き回れるものだと実感したものでした。

幸いなことに、私は不明になった搭乗員の捜索に加わった経験が無いので、
偉そうな事は申せませんが、お気持ちは何となく判るような気がします。

http://valkyrie.yukihotaru.com/index.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:88/669 《前のページ | 次のページ》
/669